住まいのホームドクター
住まいのホームドクターTOP > 不動産購入の基礎知識 > 基礎知識

不動産購入の基礎知識

1件だけ見て決めちゃうなんて

たまたま目にしたチラシや広告で、たまたま近くでやっていた販売現場に冷やかし半分で見学に行き、たまたま親切な営業マンに出会って、

「お客さん運がいいですね。普通だったらお客さんの年収や勤続年数から言うとお断りしなければならないのですが、この物件でしたら当社の提携ローンで何とかしますよ」

なんて言われてしまうと、

「マイホームなんて買えるとも思ってなかったから、この人にお願いすれば何とかしてくれるかも・・・是非お願いします」

なんて気持ちになってしまうのも当然です。確かに超大手の物件などは自己資金が最低10%程度はないと相手にもしてくれない事が多いようですが、本当にそうなのか他の物件も充分見てからでも遅くはないと思います。

営業マンの仕事はズバリ「売る」という事。仲介物件であれば他の物件を紹介することは出来ますが、売主が仲介業者を使わずに直接販売している一戸建てや新築マンションは自社の扱っている物件しか販売しても利益にならないので、なるべく他の物件を見させないで自社の物件を買ってもらうようにします。これ当然です。
 このように業界の仕組みを知ってから色々な物件を見てみると、営業マンの資質や物件の良し悪しも自ずと見えてくると思います。

パソコン買うのだって、色々なメーカーの仕様や価格を見比べて色々なお店に行ってみるのが普通じゃないですか? たまたま買わないですよね?

不動産購入の基礎知識 INDEX へ戻る

プロのサービス一覧へ