住まいのホームドクター
住まいのホームドクターTOP > サービス一覧 > マンション共用部分チェック

マンション共用部分チェック

マンションの資産価値を大きく左右する共用部分

分譲マンションを購入した場合、お部屋の中である専有部分の不具合はとても気になりますが、マンション共用部分である廊下、階段、外壁などの劣化状況はあまり気にされていないのが現状ではないかと思います。
実はマンションの資産価値を大きく左右するのは、共用部分の劣化をいかに抑えるか ということなのです。コンクリートや設備の耐用年数を延ばし、同じマンションでも居住可能な期間が時には十年以上差が出てしまいます。

新築マンションを購入された場合、保証期間が2年で切れてしまう部分は非常に多く、新築後10年〜12年に行われる大規模修繕工事で発見される不具合は、住民の積み立てた修繕積立金を利用して補修しなければなりません。
新築後2年以内に確認できていれば、分譲会社に無償で補修してもらうことができ、早期に補修することにより、建物の耐用年数を延ばすこともできます。
施工不良を放置しておけば大規模修繕時には工事費が余計にかかり、積立金が足りなくなって、一時金を数十万円も支払うことになってしまった管理組合様が多く存在しています。

「あの時きちんとチェックしておくべきだった!」
と十年後に後悔されている管理組合様が非常に多いのが実態です。
マンション共用部分チェックは、資産価値を落とさないため、また、必要以上の出費をしないために大変重要なことなのです。   
 
 
■ 現状が適切な工事なのかが分からない
■ 漏水事故が起こってしまった
■ 補修工事をお願いしたが適切な補修計画かどうかが分からない
■ 厳しい目を持った専門家にコンサルティングを依頼したい
■ 知り合いに建築の専門家がいないので自分達だけでは心細い

このサービスは、マンションの劣化診断調査に精通した一級建築士が調査・診断を行い、適切で良好な補修工事が行われるようにアドバイスなどを行うサービスです。   
 
建築のプロがバックアップいたします 
 マンション検査 マンション検査;
 コンクリートの打設不良 使用材料違いによる早期の劣化
   
 マンション検査 マンション検査
 天井部分のクラック 設置工事不良により雨水の浸入
 

マンション共用部分チェックサービス

 
こんな安心が得られます 
  • 当社のコンサルタントは、一級建築士・二級建築士・一級建築施工管理技士の資格を持ち、厳しい技術基準をクリアした者で構成されています。
  • マンション大規模修繕のコンサルティングを行っているため、経年によって起こるマンションの不具合を熟知しています。
  • 精密機械を使用し、測定結果の数値(根拠)を示します。
  • 弊社独自の詳細報告書が標準でついています。
  • 指摘箇所の修繕方法等について施工会社との詳細な打ち合わせを行います。 
  • 万一のトラブルの時には、建物検査の指摘をするのみではなく、不動産取引に精通したコンサルタントが法的な内容、問題解決へのアドバイスを行います。
  • 無償でご相談にお答えするアフターサービスが付いています。
  • 長期的な視野に立ち、お客様と売主・施工業者との良好な関係を築くためのコンサルティングを行います。  
 
 
マンション検査マンション共用部分チェックサービスの流れマンション検査 
 
@ お問い合わせフォーム にてご希望日時をご相談ください。
※ただいま大変混み合っておりますので事前にご確認下さい。

※FAX用お問い合わせフォームをこちらからダウンロードして下さい。 

マンション検査 FAX用お問い合わせフォーム
 
     マンション共用部分チェック 
A お問い合わせフォームにてご確認いただいたお客様には、メール
   (ご希望によりお電話にて)ご連絡いたします。 
     マンション共用部分チェック 
B 物件のパンフレットのコピーをFAXまたはご郵送下さい。

 1.最寄り駅から現地までの案内図
 2.各階平面図
 3.物件概要もしくは建築概要

 送信先はこちらまで>> 
     マンション共用部分チェック 
C 物件の総戸数、状況によりお見積もりいたします。
  (お見積の前に現地確認させていただく場合もございます)
         
     マンション共用部分チェック 
D 別途作成する「発注書」にて正式お申込み。
  
     マンション共用部分チェック 
E ご予約当日 マンションのご指定の場所へ伺います。
  建物劣化診断調査を開始いたします。 
     マンション共用部分チェック 
F 管理組合理事様に建物劣化状況調査の検査報告を行います。

<検査報告書の内容>
 1. 現在の建物の仕様
 2. 劣化状況報告
 3. 総合所見
 4. 問題箇所の原因と対策
 5. 修繕方法の提案 
 
マンション共用部分チェック     
 
キャンセル料の規定 はこちらをご覧ください。  
 

 
 
▲このページのTOPへ