住まいのホームドクター
住まいのホームドクターTOP > サービス一覧 > 施工検査サービス > 不具合事例その1 > 不具合事例その2 > 不具合事例その3
  その1
施工検査で発見された不具合箇所の一部です。この他にも写真に収めていないものを含めて大小さまざまな不具合箇所があります。

※写真をクリックすると大きく表示されます。
 
玄関扉開口部上部筋D13の下部への曲げ加工が必要です。定着筋及び定着長さがありません。 上部筋D13の下部への曲げ加工が必要です。定着筋及び定着長さが有りません。
スペーサー高さは50mmで建築基準法規定以下のためNGです。 スリーブとスリーブの間が25mm程度しか空いてません。コンクリートが下にまわら無いので位置を移動するかスリーブ径を小さくすることとしました。
鉄筋スペーサーが有りません。通常1000mm程度のピッチで設置が必要です。 矢印位置の鉄筋ピッチが15mmほど違いました。図面記載は200mmピッチです。
スペーサー高さは50mmで建築基準法規定以下のためNGです。 配筋詳細図と相違しています。赤線の位置にD13が必要です。
矢印方向のスラブ筋の折り曲げが他の鉄筋と絡んでいないので定着が取れていません。 コンクリート受入れ検査にてスランプ15cmの設計に対して7.0cm、許容差2.5cm以下なので不適切なコンクリートです。
コンクリート受入れ検査にてスランプ15cmの設計に対して18.0cm、許容差0.5cm以上なのでコンクリートを返品しました。 立上り基礎内に設備配管スリーブ50Φが一箇所不足しています。
屋上パラペットのコンクリート状態が悪く、いたる所でジャンカが発生しています。構造には影響しませんが、コンクリートの劣化が早まるため全面補修を要します。 コンクリートがまわっていないのでグラウト材による注入補修が必修です。
天井に型枠を作る際に壁と床を緊結する金物が露出しています。根元よりカットし補修が必要です。 耐力壁部に筋違いが施工されていません。
 
その2へ >>
閉じる

▲このページのTOPへ