1. TOP
  2. サービス
  3. 新築一戸建て 建築途中の施工検査(1回)

新築一戸建て 建築途中の施工検査(1回)

着工から完成まで複数回の施工検査はこちら >>

欠陥住宅をつかみたくない
一戸建て住宅では、

◆これから住宅を購入しようと思うけど、欠陥住宅ではないか心配です。

◆建築途中の手抜き工事がないかが心配です。

◆欠陥住宅はつかみたくないけど、どうしたらいいの?

弊社にはこのようなご相談が数多くございます。
一級建築士などの専門家による建物検査サービスをご利用することにより、欠陥住宅を未然に防ぎ、安心して快適な生活を送ることが出来ます。

■ 基礎の中にきちんと鉄筋が入れられているの?
■ 基礎コンクリートの強度は大丈夫?
■ 柱や梁などの構造材はしっかり造られているの?
■ 自分で見ても何をどう見たらいいのかわからない。
■ 厳しい目を持った専門家に自分の家を診断してもらいたい。
■ 知り合いに建築の専門家がいないので自分だけでは心細い。 etc ・・・

このサービスは、一戸建ての着工前から完成までの間の手抜き工事、施工不良、施工間違い、欠陥がないか 建築士資格を持った当社の検査員が建設現場をチェックするサービスです。

バックアップいたします。
施工検査 施工検査 施工検査
施工検査 施工検査 施工検査
施工チェック 施工チェック 施工チェック
施工チェック 施工チェック 施工チェック
現場チェック 現場チェック 現場チェック
品質管理 品質管理 品質管理

施工検査の必要性

新築一戸建ての施工検査の必要性は、建設業界を経験してきた者にとっては充分すぎるほど理解できることでしょう。一戸建て市場の価格競争の結果、工期の短縮は建設会社にとっては至上命題です。

建築資材の価格上昇により、コストダウンの矛先は「人」に向きつつあります。現場施工者の高い技術力を必要としない、工場生産を現場で組み立てる方法などで、職人の人件費を安く抑える。。。それだけではカバーしきれず、建設現場でとても重要な「監理」(施工状態のチェック)をする担当がおらず、監理がおろそかになっている現場を多く目にします。

・設計図どおりに施工されているだろうか?

・設計図の間違いを現場は把握できているのだろうか?

・施工忘れなどは無いだろうか?

建築確認申請書に「工事監理者」は記載されていますか?

「工事監理者」は「工事施工者」と同じになっていませんか?

「監理者」は何度も現場に行って施工状況を確認していますか?

「工事監理記録」はありますか?

現在の厳しい価格競争の結果、建築費の圧縮のために下請け業者に無理な価格や工期で発注せざるを得なくなっています。現場監督さんも数棟からひどい場合には、10棟以上の現場を1人で掛け持ちしていて、工期を守るための材料発注などの業務に追われ、建物の施工に関する厳しいチェックなどは難しい状況になっています。

最近では、第三者機関による「建設住宅性能評価」や「住宅性能保証」制度によって現場検査を行うようになりましたが、限られた部分のみのチェックであり、建物全体の安全性や施工不良のチェックは行われていないのが現状です。

建物が完成してしまい、内装材で隠されてしまった後では確認できる部分は限られてしまいます。戸建て住宅はとくに建築途中の厳しいチェックが大切なのです。

このような背景のもとに、購入者の立場に立った、豊富な知識と経験を持つ第三者機関の存在が必要なのです。欧米ではこのようなプロのコンサルタントを雇うのは既に常識となっています。今後、日本でもこのようなサービスが常識化されて行くことでしょうが、本来はこのような第三者機関の検査などが必要ない業界となるべきなのです。

お問合せフォーム お申し込みフォーム

戸建て住宅 建物調査項目

工事進捗状況による検査タイミング、検査項目の詳細をご確認ください。

よくある質問 FAQ   ご利用者の声
施工検査の不具合事例を見る

こんな安心が得られます
  • 当社のコンサルタントは、一級建築士・二級建築士・一級建築施工管理技士の資格を持ち、厳しい技術基準をクリアした者で構成されています。
  • マンション大規模修繕のコンサルティングを行っているため、経年によって起こるマンションの不具合を熟知しています。
  • 精密機械を使用し、測定結果の数値(根拠)を示します。
  • 弊社独自の詳細報告書が標準でついています。
  • 指摘箇所の修繕方法等について施工会社との詳細な打ち合わせを行います。
  • 万一のトラブルの時には、建物検査の指摘をするのみではなく、不動産取引に精通したコンサルタントが法的な内容、問題解決へのアドバイスを行います。
  • 無償でご相談にお答えするアフターサービスが付いています。
  • 長期的な視野に立ち、お客様と売主・施工業者との良好な関係を築くためのコンサルティングを行います。

サービスエリア:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県(TX線) 詳細>>

建物検査 欠陥住宅を防ぐ 施工検査サービス建物調査

新築一戸建て住宅(建築途中)1回の検査
料金 66,000円(税込)

工事着工から完成まで複数回検査する施工検査サービスもございます。
※全4回以上のご利用で、1回あたりの検査料金が割安になります。

建物延床面積100㎡までの料金となります。100㎡を超える場合は、1㎡ごとに(小数点以下切捨て)プラス 550円(税込)となります。

鉄筋コンクリート造等、構造・施工方法の違いにより検査内容が異なる場合が あります。
お問い合わせフォームにて ご相談下さい。

ご予約状況の確認はこちら→ご予約状況の確認

※開始時間の指定はございません。
開始時間が既にお決まりの方はご希望のお時間で対応させていただきます。
開始時間がお決まりでない方は下記の時間を目安とさせていただいております。

<開始時間の目安>
午前 = 午前 9:30 (もしくは前後30分)
午後 = 午後14:30 (もしくは15:00)

予約制となります。前日のお申し込みも可能な場合がありますので 前もってご相談下さい。

<サポートデスク TEL 0120-304-604>

お問い合わせフォームはこちら

 
当社のサービスをご利用いただく方の個人情報・ご相談内容は第三者に提供しない事をご誓約いたします。
※無料でご相談にお答えするアフターサービスが付いています。

丸印 検査のタイミングについて丸印

以下の表は、着工から完成まで複数回チェックする「施工検査サービス」の検査タイミングとなります。
こちらの検査タイミングを参考にご利用される検査をご検討ください。

検査タイミング ベーシック
コース

(全6回)
フルサポート
コース

(全10回)
各種書類検査
地盤改良工事立会い
基礎ベース配筋検査
 ベースコンクリート
打設検査
立上り配筋検査及び
コンクリート打設検査
土台敷き検査
軸組金物状況検査
(構造検査)
外壁防水検査
断熱材・配管・配線
状況検査
木工事完了検査
完成検査
(内覧会・施主検査)

※検査のタイミングについて詳しくはこちらをご覧ください → 詳細資料

■ご希望の検査を選択できる回数限定コースもございます。

工事着工している建物でも途中からご利用いただけます。

■アパート、マンションなどの共同住宅も対応しております。別途お見積もりいたします。

丸印 施工状況を確認するための機器 丸印

オートレーザー
目では分かりにくい壁・床・天井などの水平・垂直の施工精度を計測します。
レーザー距離計
室内寸法の精度を瞬時に測定します。
デジタル精密水平器

床・壁の水平・垂直度をデジタルで表示します。

デジタル温湿度計

床下や小屋裏、点検口内の温度湿度を計測します。床下・小屋裏などの異常な湿度はカビやシロアリの発生の元になるため注意が必要です。

デジタル含水率計

木材などの水分含有量を計測します。床下・小屋裏などの異常な湿度はカビやシロアリの発生の元になるため注意が必要です。

その他の検査道具

パルハンマー(打診棒)、検査鏡、デジタルカメラ・スケール・脚立・懐中電灯など

丸印 施工検査サービスの流れ 丸印

◆ご予約状況の確認

ご予約状況表 で空き状況をご確認ください。

※土日は大変混み合いますので事前にご確認下さい。

お問合せをご希望の方はお問合せフォームにてお手続きください。

お問い合わせフォーム

※FAXでお問い合わせの方はフォームをこちらからダウンロードして下さい。

PDFファイル FAX用お問合せフォーム(PDF)
 (EXCEL版)

矢印

◆ お申込み手続き

ご希望日時が受付け可能であれば お申込みフォーム にてお手続きください。

お申込みフォーム

※FAXでお申込みの方はフォームをこちらからダウンロードして下さい。

PDFファイル FAX用お申込みフォーム(PDF)

 (EXCEL版)

矢印

◆ ご案内メール

当社よりサービスご利用についての詳細なご案内メールを送信させていただきます。内容をよくご確認くださいますようお願いいたします。

(メールをご利用でない方には案内書をご郵送いたします)

矢印

◆ 必要書類

物件のパンフレット・図面のコピー等必要書類をFAXまたはご郵送下さい。
PDF等のデータをメール添付でお送りいただいても結構です。
(詳細についてお申込み後にメールにてご案内いたします)

<新築一戸建て(建築途中)>
1 .最寄り駅から現地までの案内図
2. 建物配置図・外構図
3. 各階平面図(耐力壁位置記載のもの)
4. 立面図
5. 建築確認申請書(1~6面)
※確認申請前の場合は申請後にいただきます。
6. 矩計図(かなばかりず)
7. 構造図・伏図(ふせず)
8. 壁量計算書(2階建ての場合)・構造計算書(3階建ての場合)
9. 電気・設備平面図(コンセント等の表示-作成後で結構です)
10. 内外部仕上げ表・仕様書
11. 地盤調査書・地盤改良施工報告書(実施の場合のみ)
12. 工事工程表
13. 概要書(用途地域・防火地域・ 指定容積率・指定建蔽率等)
14. 第三者機関による住宅性能評価の取得の有無を教えて下さい。
15. 施工会社の会社名、工事担当者のお名前、連絡先を教えて下さい。

※必要書類の一覧表をこちらよりダウンロードできます。
施工検査サービス用の必要書類と同じになります。

送信先はこちらまで>>

必要書類一覧 印刷用シートPDFファイル

矢印

◆施工会社様への確認

施工会社担当の方と工事進捗状況を確認し、検査日時を決定させていただきます。

※施工担当者の方のご連絡先を当社サポートデスクにお知らせください。

1. 会社名
2. 担当者名
3. 連絡先電話番号

※施工会社様と協議済みで、検査日時等について了承している場合にはお知らせいただかなくても結構です。

矢印

◆ 当日の待ち合わせ

ご予約日時に 物件現地に直接伺います。

矢印

◆ 建物検査、チェック

建物の検査を行います。(約3時間)

・ 施工状態の確認、図面との照合
・ 施工不良、不具合箇所の有無の確認
・ 機器による測定
・ 設備等の固定・稼動状況の確認

不具合箇所、問題点についてその場で概略をご説明させていただきます。

矢印

◆ 報告書作成

検査報告書を作成し、3日~5日後を目安にメール添付で報告書データをお送りいたします。

※郵送をご希望の場合には、印刷した報告書をご郵送いたします。

矢印

◆ ご利用料金のお支払い

サービスご利用予定後の7日以内にお振込みをお願いいたします。

ご不明な点がありましたらメール、電話等でご相談ください。

報告書サンプル

キャンセル料の規定 はこちらをご覧ください。


お問合せフォーム お申し込みフォーム

住宅検査 | 建物調査 | インスペクション | 中古マンション検査