1. TOP
  2. サービス
  3. 中古一戸建て 建物検査(ホームインスペクション)

中古一戸建て 建物検査(ホームインスペクション)

中古マンションの建物検査(インスペクション)はこちら >>

欠陥住宅をつかみたくない
中古一戸建てを購入予定の方、今お住まいの住宅で、

  • これから中古一戸建て住宅を購入しようと思うけれど、問題が無いか心配です。
  • リフォームを検討しているけれど間取り変更はできますか?
  • もうすでに戸建て住宅を購入したけれど、自分の家は大丈夫か心配です。
  • カビだらけになってしまったのですが、何が問題なのでしょうか?
  • 厳しい目を持った専門家に家を診断してもらいたい。
  • 知り合いに建築の専門家がいないので自分だけでは心細い。 etc ・・・

弊社にはこのようなご相談が数多くあります。

一級建築士などの専門家による一戸建て建物検査(インスペクション)サービスをご利用することにより、安心して快適な生活を送ることが出来ます。

この建物検査(インスペクション)サービスは、

①購入予定の中古一戸建て住宅
②リフォーム・リノベーションの途中、完成時のチェック
現在お住まいのご自宅一戸建て住宅
④購入予定や契約後の まだ完成していない一戸建て住宅
(未完成の場合は、現地の確認と図面でのチェックとなります)
⑤現在お住まいの一戸建て住宅の定期点検時(点検前)の検査

購入予定の完成済み 新築一戸建ての調査内容は、内覧会同行サービスとなります。内覧会同行サービスでお申込ください。

上記建物に当社の建築コンサルタントが訪問し、建物検査(インスペクション)を行うサービスです。一般の方では見つけにくい施工不良箇所や施工状態を一級建築士などの経験豊富な専門家が検査を行います。

※現在お住まいの一戸建て住宅で、雨漏り、水漏れその他の不具合が既に起きている場合の建物検査は、調査項目や料金を別途御見積りさせていただきます。

お問い合わせフォームにてご相談ください。

建築のプロがあたなをバックアップいたします。

中古住宅の建物検査

建物検査(インスペクション)の必要性

中古住宅の購入を予定されている方にとっては、劣化状況がどのくらいのものか、どこにどのくらいの費用がかかりそうなのかが心配だと思います。

目に見える部分だけではない劣化状況、耐震性、リフォームのしやすさ等は一般の方や建築に詳しくない不動産営業マンでは判断できないことが多いのです。

リフォームされた住宅では、内装材によって「お化粧」されてしまうと、素人目にはきれいで素敵な住宅に見えてしまうものです。しかし、見えない部分に隠れた問題点が入居後になって分かり、大きなトラブルとなっているケースが多くあります。

このような背景のもとに、購入者のみの立場に立った、豊富な知識と経験を持つ第三者機関の存在が必要なのです。欧米ではこのようなプロのコンサルタントによる建物検査を行うことは既に常識となっています。

お問合せフォーム お申し込みフォーム

※調査項目を必ずご確認ください。↓クリック
建物調査項目

よくある質問 FAQ   建物検査の不具合事例を見る
よくある質問 FAQ   ご利用者の声

こんな安心が得られます
  • 当社のコンサルタントは、一級建築士・二級建築士・一級建築施工管理技士の資格を持ち、厳しい技術基準をクリアした者で構成されています。
  • マンション大規模修繕のコンサルティングを行っているため、経年によって起こるマンションの不具合を熟知しています。
  • 精密機械を使用し、測定結果の数値(根拠)を示します。
  • 弊社独自の詳細報告書が標準でついています。
  • 指摘箇所の修繕方法等について施工会社との詳細な打ち合わせを行います。
  • 万一のトラブルの時には、建物検査の指摘をするのみではなく、不動産取引に精通したコンサルタントが法的な内容、問題解決へのアドバイスを行います。
  • 無償でご相談にお答えするアフターサービスが付いています。
  • 長期的な視野に立ち、お客様と売主・施工業者との良好な関係を築くためのコンサルティングを行います。

サービスエリア:東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県(TX線) 詳細>>

建物検査 中古一戸建て住宅 建物検査(インスペクション)インスペクション

(価格はすべて税別です)

簡易調査コース 詳細調査コース
報告書 簡易報告書 詳細報告書
床下調査

点検口から覗ける
範囲の調査

詳細調査コース同様の
床下調査は
オプション
+20,000円

点検口から床下に入って
移動できる範囲の調査

小屋裏調査

点検口から覗ける
範囲の調査

詳細調査コース同様の
小屋裏調査は
オプション
+20,000円

点検口から小屋裏に入って
移動できる範囲の調査

機材使用
外構
(建物以外の外部)
×
所要時間 約3時間 約3時間~4時間
耐震診断(一般) ×

オプション
+30,000円

(木造住宅のみ)

(木造住宅のみ)

耐震基準適合証明書

※条件をご確認下さい

耐震診断ご利用の場合

オプション
+10,000円

オプション
+10,000円
フラット35適合証明 × ×
料金 60,000円 120,000円
  • 上記料金は木造住宅の料金です。鉄骨造、RC造、混構造等特殊な構造は別途お見積りさせていただきます。
  • 建物延床面積100㎡までの料金となります。100㎡を超える場合は、1㎡ごとに(小数点以下切捨て)プラス 500円(+税)となります。
  • 別途消費税がかかります。
  • 現在お住まいの住宅で、雨漏り、水漏れその他の不具合が既に起きている場合の建物検査は、調査項目や料金を別途御見積りさせていただきます。
  • 詳細調査コースをご利用の方は、事前に点検口の有無をご確認いただいております。検査当日に点検口がない、侵入する十分なスペースがなく、調査できない場合には小屋裏調査のみキャンセル料がかかります。(床下調査ができない場合にはキャンセル料はかかりません) 小屋裏調査のキャンセル料 >>
  • 耐震診断を実施した結果、耐震基準に適合している場合、耐震基準適合証明書発行費用は+10,000円(+税)となります。
  • フラット35適合証明書の発行業務は取り扱っておりません。

中古一戸建て住宅 建物検査
(ホームインスペクション)

・簡易調査コース 料金  60,000円(+税)

・詳細調査コース 料金 120,000円(+税)

ご予約状況の確認はこちら→ご予約状況の確認

開始時間が既にお決まりの方はご希望のお時間で対応させていただきます。
開始時間がお決まりでない方は下記の時間を目安とさせていただいております。
 
<開始時間の目安>
午前 = 午前 9:30 (もしくは前後30分)
午後 = 午後14:30 (もしくは15:00)

予約制となります。前日のお申し込みも可能な場合がありますので 前もってご相談下さい。

お問い合わせフォームはこちら
 
新型コロナウィルス感染対策
 
当社のサービスをご利用いただく方の個人情報・ご相談内容は第三者に提供しない事をご誓約いたします。

※無料でご相談にお答えするアフターサービスが付いています。

丸印 施工状況を確認するための機器 丸印

オートレーザー
目では分かりにくい壁・床・天井などの水平・垂直の施工精度を計測します。
レーザー距離計
室内寸法の精度を瞬時に測定します。
デジタル精密水平器

床・壁の水平・垂直度をデジタルで表示します。

デジタル温湿度計

床下や小屋裏、点検口内の温度湿度を計測します。床下・小屋裏などの異常な湿度はカビやシロアリの発生の元になるため注意が必要です。

デジタル含水率計

木材などの水分含有量を計測します。床下・小屋裏などの異常な湿度はカビやシロアリの発生の元になるため注意が必要です。

その他の検査道具

パルハンマー(打診棒)、検査鏡、デジタルカメラ・スケール・脚立・懐中電灯など

丸印 簡易耐震診断(一般) 丸印 解析ソフトによる判定結果

耐震診断

※詳細調査コースおよびオプション料金に含まれる耐震診断は木造住宅のみとなります。
その他の構造の耐震診断につきましては別途お見積りさせていただきます。

 
よくあるご質問:
図面がありませんが耐震診断は可能ですか?

質問FAQをもっと見る >>

丸印 建物検査サービスの流れ 丸印

◆ご予約状況の確認

ご予約状況表 で空き状況をご確認ください。

※土日は大変混み合いますので事前にご確認下さい。

お問合せをご希望の方はお問合せフォームにてお手続きください。

お問い合わせフォーム

※FAXでお問い合わせの方はフォームをこちらからダウンロードして下さい。

PDFファイル FAX用お問合せフォーム(PDF)
 (EXCEL版)

矢印

◆ お申込み手続き

ご希望日時が受付け可能であれば お申込みフォーム にてお手続きください。

お申込みフォーム

※FAXでお申込みの方はフォームをこちらからダウンロードして下さい。

PDFファイル FAX用お申込みフォーム(PDF)
 (EXCEL版)

矢印

◆ ご案内メール

当社よりサービスご利用についての詳細なご案内メールを送信させていただきます。内容をよくご確認くださいますようお願いいたします。
(メールをご利用でない方には案内書をご郵送いたします)

矢印

◆ 必要書類

物件のパンフレット・図面のコピー等必要書類をFAXまたはご郵送下さい。
PDF等のデータをメール添付でお送りいただいても結構です。
(詳細についてお申込み後にメールにてご案内いたします)

<一戸建て>
1. 最寄り駅から現地までの案内図
2. 各階平面図(耐力壁位置記載のもの)
3. 立面図
4. 建物配置図
5. 建築確認申請書(1~5面・6面)
6. 壁量計算書(もしくは軸組計算書、構造計算書)
7. 矩計図(かなばかりず)

8. 内外部仕上げ表
9. 仕様書
10. 検査済証
11. 地盤調査書
12. 地盤改良施工報告書(地盤改良実施の場合のみ)
13. 床下・小屋裏点検口の有無をお知らせください。

※築年数が古い建物は上記書類が揃っていないケースがほとんどです。
(とくに6~12)不動産会社担当者様へご確認ください。
検査に最低限必要な書類は、案内図と平面図です。

※検査前に揃わない書類については当日コピーをお持ちくださいますよう お願い申し上げます。

※必要書類一覧シートをダウンロードできます。

必要書類の詳細一覧シートPDFファイル

※必要書類の保管・返却について >>

よくあるご質問:
必要書類がほとんど揃わないのですが、検査はできませんか?

図面がありませんが耐震診断は可能ですか?

FAQをもっと見る >>

矢印

◆ 当日の待ち合わせ

ご予約日時に 物件現地に直接伺います。

矢印

◆ 建物検査、チェック

建物の検査を行います。(約3時間)

・ 施工状態、劣化状況の確認
・ 施工不良、不具合箇所の有無の確認
・ 機器による測定
・ 設備等の固定・稼動状況の確認

不具合箇所、問題点についてその場で概略をご説明させていただきます。
 
新型コロナウィルス感染対策

矢印

◆ 報告書作成

検査報告書を作成し、3日~5日後を目安にメール添付で報告書データをお送りいたします。
※郵送をご希望の場合には、印刷した報告書をご郵送いたします。

◆ 報告書サンプル(簡易調査コース)

仕様チェック、検査箇所、項目、補修指摘事項が各項目ごとに記載されています。
15~18ページ程度になり、検査担当者の総評が記載されます。

全てのページがご覧になれるPDFデータはこちら >>

報告書サンプル

◆ 報告書サンプル(詳細調査コース)

仕様チェック、検査箇所、項目、補修指摘事項が各室ごとに記載されています。
18~20ページ程度になり、検査担当者の総評が記載されます。
耐震診断報告書も提出いたします。

全てのページがご覧になれるPDFデータはこちら >>

耐震診断報告書PDFデータはこちら >>

報告書サンプル

矢印

◆ ご利用料金のお支払い

サービスご利用の7日後までに ご利用料金のお支払いをお願いいたします。

銀行振込とクレジットカード決済をご選択できます。
クレジットカード
クレジットカード
カード決済
  クレジットカードのご利用について >>

キャンセル料の規定 はこちらをご覧ください。

ご不明な点がありましたらメール、電話等でご相談ください。


お問合せフォーム お申込フォーム

住宅検査 | 建物調査 | インスペクション