1. TOP
  2. サービス
  3. 中古マンション建物検査  調査項目

中古マンション建物検査  調査項目

検査内容は、 建物が完成している場合、目視可能な部分を重点的に検査いたします。

点検口から目視できる範囲での確認。 設計図書による確認ということになります。
建物検査で重点を置いてチェックする所を大まかに言うと、以下の内容になります。

■ 施工状態の確認
■ 施工不良の有無の確認
■ 設備等の固定・稼動状況の確認
■ 図面による確認
■ 機器による測定

※弊社の検査は非破壊による目視及び機器を使用して行う検査です。

点検口を開けて調査することはありますが、建物を破壊することはありません。

マンション(完成済・定期点検検査)の調査項目

※以下の内容を基本と致しますが、予め不具合箇所があり、重点的に検査したい箇所がある場合は、個別の検査項目となる場合がございます。

お問い合わせフォームにてご相談くださいませ。

◆ポーチ
設備:玄関扉靴摺/水勾配/床タイル/開口部廻りシール/鍵の防犯性/配管保温工事/配管接続/配管支持/貫通部分の処理状況

◆玄関
ドア廻りシール/窓廻りシール/壁倒れ・曲がり 床:玄関枠との隙間/床鳴り/床材間隙間 玄関扉:パッキン隙間/開閉状況/取っ手ガタツキ 天井:歪み・孕み

◆廊下
壁:枠等との隙間/倒れ・曲がり 床:床鳴り/床材間隙間 天井:歪み・孕み

◆リビング
壁:倒れ・曲がり 床:レベル確認/浮き・膨れ サッシュ:サッシュ廻りシール/開閉状況 天井:歪み・孕み

◆キッチン
壁:倒れ・曲がり 床:レベル確認 収納:耐震ラッチの有無 サッシュ:サッシュ廻りシール/換気時音鳴り 点検口内/給湯給水管:固定状況/支持部材状況/保温材状況/接続部状況 排水管:固定状況/支持部材状況/接続部状況/勾配状況 ガス管:ヘッダ部の固定/配管固定状況 水栓:水栓固定状況/ヘッド可動状況/ウォーターハンマー有無 天板:隙間コーキング レンジフード:運転状況/ダクト施工状況/FD確認/給気口状況(強使用時) 吊戸棚:耐震ラッチ/昇降状況

◆トイレ
設備:換気ダクト施工状況 便器:ガタツキ/底板パッキン状況/トラップ状況 汚水管:壁(PS)貫通部 給水栓:ガタツキ/ホース支持状況

◆洗面所
配管:固定状況/接続部状況/防臭蓋の有無/バケツの有無 点検口:配管固定状況 その他:壁との隙間/水栓ウォーターハンマー 洗濯パン:固定状況/水栓ガタツキ 床点検口:給湯給水管・配水管:固定状況/支持部材状況/保温材状況

◆ユニットバス
天井点検口:給湯給水管・排水管/固定状況/支持部材設備状況/保温材状況 電気配線:接続部状況/支持部材状況 換気扇:吊ボルト状況/本体上部状況 換気ダクト:固定状況/支持部材状況/接続部状況/断熱材状況 エプロン部:給湯給水管/台座に固定/保護管の有無/配管曲げ状況/パッキン状況

◆居室
壁:倒れ・曲がり 床:床鳴り/レベル確認 サッシュ:サッシュ廻りシール/窓面格子/開閉状況/下枠のさがり/換気時音鳴り 天井:歪み・孕み

◆バルコニー
設備:給湯器/照明(位置・個数)/コンセント/AC外機/ACスリーブ/スロップシンク 壁:タイル/塗装/開口部周り/幅木防水 床:水勾配/長尺シート/排水溝/竪樋 天井:塗装/タイル/物干金物/避難ハッチ 手摺:塗装/手摺金物/手摺付物干

※床のレベル確認、壁の倒れ・曲がりの確認につきましては、家具や荷物等がある場所は計測できません。

ホームドクターだけの特典サービス! 共用部分無料チェックサービス

<設計図書の確認>

■調査内容
階高、戸境壁厚さ、床スラブ厚さの寸法
床工法、戸境壁、天井、断熱材の仕様

■目的
リフォームのしやすさ、遮音性などの目安となる仕様を確認する目的です。
居室床工法や床スラブの厚さ、工法、仕上げは遮音性に影響します。
階高、床工法、天井の仕様はリフォームのしやすさに影響します

<共用部分の確認>

■調査内容
共用廊下、屋上等の確認(タワーマンションは共用廊下のみ)

■目的
共用部分は管理組合の運営によって、概ね12年~15年毎に大規模修繕工事を行います。
マンションの寿命を左右する修繕工事が適切に行われているかどうか、また、共用部分の劣化状況を概略的に確認する目的です。

※設計図書の閲覧及び屋上の確認は、事前に管理会社様への確認、手続きが必要となります。契約前の建物検査の場合には、仲介業者様へ事前に設計図書の準備、屋上調査に関する同意と鍵の手配が可能かどうかご確認ください。
上記の内容についてご準備いただけない場合には、無料チェックサービスが実施できないことを予めご了承ください。

別日で実施をご希望される場合には、別途40,000円+税がかかります。

※必要書類が無い場合は確認できない箇所もございますので、予めご了承ください。

※構造計算に関わるチェックは行っておりません。

FAQ:構造計算書のチェックはできますか?


お問合せフォーム お申し込みフォーム